テニススクール活用法.comで、テニスをもっと楽しもう!テニス上達法も充実です!

テニススクール活用法.com > その他 > 考えただけでも早く試したいです

その他

考えただけでも早く試したいです

 

 「継続は力なり」


本当にそう通りだとつくづく思います。


結局上達する人は継続してテニスを
している人です。


途中で止めたらそこで上達も止まります。


だから
何よりも継続することを目的に
するべきなのです。


今回はそんな継続のコツについて
お話します。


まずは今キャンペーンをしている
「バックハンド動画」の感想をご覧ください。


そこには継続するために必要な
ヒントが隠されています。


--------------ここから---------------

■名前: T
■性別(フリー01): 女性
■年齢(フリー02): 41〜45歳
■メルマガ、ブログ、HPへの引用方法(フリー03): イニシャル
■動画名(フリー04): バックハンド動画

■動画の感想(フリー06): 

レシーブ動画でペンギン打法と肩甲骨の
使い方は教わっていましたが…


オポジットフォースという言葉は初めてで、
●秒の筋肉の収縮を使うなんて
考えただけでも早く試したいです。


私の利き目は左なのでボールを
少し引き付けてみようと思いました。


革命と名付けるだけありますね(^^)


--------------ここまで---------------


---------------まとめ-----------------


メジャーリーガーのイチロー選手が
昔こんなことを言っていました。


「練習が終わるときに爐泙震斉も野球がしたい瓩辰
思えたら、次の日に練習するのが楽しみになります」


「だから自分は爐泙震斉も野球がしたい瓩辰
思えることを目標に練習しています」


・・・


ちなみに
イチロー選手は継続してコツコツ何かを
やり続ける天才です。


その継続のコツが「また明日も野球がしたい」
という言葉には含まれています。


ではあなたは
「また明日もテニスがしたい」という気持ちで
練習を終えていますか?


よく練習を楽しむというセリフを聞きますが、
だからといって無理に盛り上げたり、必ずしも
笑いがある必要もありません。


次もテニスをしたいんだという気持ちが
大切なのです。


そう思える方法として場を盛り上げたり、
楽しい練習を組むのはいいと思います。


それ以外にも、


「新しい打法を試してみたい」

「レッスンで学んだことを実践してみたい」

「今日良かったことがもう一度できるのか」

「ニューラケットで早く打ちたい」

「上手な人の試合を見ていたらテニスがしたくなった」


・・・


次またテニスをしたくなる理由はたくさんあります。


だから内容は何でもいいのですが、
この積み重ねが継続につながると私は
考えています。


今回の感想の中にも
「考えただけでも早く試したいです」
というコメントが書かれていました。


この気持ちが継続につながって、
結果的に人を上達させるのです。


私自身、テニス上達法をあなたにお伝えするときは
必ず「試してみたい」という気持ちになってもらえるよう
心がけています。


実際に感想をいただいた「バックハンド動画」も
当然同じ気持ちです。


しかも、
12月23日(月祝)〜25日(水)までの3日間は、
私の新作テニス上達法動画である「バックハンド動画」を
クリスマス特別価格で紹介しています。


あなたの中に革命を起こすために
作った上達法です。


なので、もし次もテニスがしたいという
気持ちになりにくくなっているのなら、
動画を見て心に刺激を与えてくださいね^^

↓ ↓ ↓

【バックハンド動画の紹介ページ】


では!


スリー


今月の商品購入者さんへの特典プレゼントはコチラから!

ご意見・ご質問はコチラのフォームから

【無料メルマガ登録はコチラから】