テニススクール活用法.comで、テニスをもっと楽しもう!テニス上達法も充実です!

テニススクール活用法.com > 10倍テニススクールを楽しむ方法 > コーチにうまいところをアピールする方法

10倍テニススクールを楽しむ方法

コーチにうまいところをアピールする方法

皆さんは、レッスンを何回も受けていたら、当然コーチや、周りの人に「うまいですね!」「上達しましたね!」と言われたいと思います。ただ、それを求めてか、おもいっきり打って、スピードや威力でアピールする人が多いようです。ただ、これは返って逆効果です。ここでは、コーチから見た、うまい人を例に挙げて、あわよくば、レベルアップをしちゃいましょう!

 

では、コーチから見て、「上手な生徒さん」とは、どのような人でしょうか。

色々なコーチに質問したところ、下の答えがほとんどでした。

 

 大きく分けて3つです。参考にしてください!

.潺垢少ない

▲侫ームがキレイ

6弱を使い分けれる

 

実は、あまりボールの威力や、スピードは関係ないのです。

スピードなどは、ないに越したことはない、ぐらいで安定性を重視するコーチの方が圧倒的に多いのです。

 

私自身も同じ考えです。

レベルアップをさせることを基準に考えると、この人が上のクラスに上がったら、そのクラスのレッスンが成立するかを考えます。

バコバコ打つけど、ミスばっかりでラリーが続かなかったら、周りにも迷惑をかけてしまいます。

 

逆に、フォームがある程度キレイで、続けれる人は、クラスが上がって、周りの人のボールのスピードが速くなっても、スピードなんて、慣れの問題なので、準備さえ早くできれば対応できます。

 

なので、特にひとつ上のクラスを求める人は、キレイなフォームで、ラリーを長く続ける事を優先順位1位にしましょう!

ご意見・ご質問はコチラのフォームから

【無料メルマガ登録はコチラから】